DJI お知らせ~DJI Ground Station Proリリース~

DJIの純正自動飛行アプリである”DJI Ground Station Pro”とは

待望のGS Pro(Ground Station Pro)は飛行する前にあらかじめ経路や高度、速度などのパラメータを設定しておくことで自動での飛行を可能にしてくれるアプリです。アプリ上で地点を指定していくことでルートを決められるだけではなく、それぞれの地点でどのような機能(撮影/録画/回転/ジンバルピッチ/ホバリングなど全15の操作)を果たすかも設定が可能です。これらの機能を使うことで、空撮、建設業、精密農業、エネルギー産業、捜索・救助、安全管理など多様な産業用途での効率を飛躍的に高めることが期待できます。

3Dマップエリア

アプリ内の地図に飛行区域に多角形の飛行区域を描き、その指定された範囲を隈なく満遍なく移動し、範囲全体を3Dデータのすることができます。飛行中に撮影されたデータはすぐに3Dデータとして扱われ、専用ソフトウェアに移行するとデータが3Dとして再構築されます。

区域の指定とともに、最大速度や、最大高度などの指定や、カメラのオーバーラップ率なども細かい数値まで調整が可能です。

 

バーチャルフェンス

バーチャルフェンスを設定すると、飛行する範囲を制限することができます。区域は飛行前または飛行中にカスタマイズすることができ、万が一境界線に機体が近づいてしまった場合にはブレーキをかけながら減速し、境界内でホバリングをして留まることができます。

この機能は禁止区域への誤侵入を防ぐことに役立つだけではなく、例えばパイロットの育成にも活用することができます。

 

 

 

このGround Station ProはPhantom 3以降の全機種、Matriceシリーズ、Inspireシリーズの機体や、ZenmuseシリーズのカメラやA3/A3 Pro/N3を搭載した機種にも応用ができます。

2017/1/5現在、Ground Station ProはまだiPad版しか公開されておりませんが、今後Androidタブレット用のアプリも公開される予定です。
iPad版アプリ”Ground Station Pro”はこちらからダウンロードできます。