DJI新製品案内~新型フライトコントローラーN3~

DJIからNAZAシリーズの最新版、N3が発表されました。
信頼性を確保し、アップグレードが可能な設計がなされており、多種多様な産業用ドローンと自作(DIY)ドローンの機体にプロフェッショナルレベルの安定性を提供するフライトコントローラーです。

システムレベルのソリューション
n3-1
N3送信機は、プロフェッショナル向けの送信機や受信機、Intelligent ESC、DJI GO、Lightbridge2、Datalink Pro、iOSDと互換性があり、DJIのZenmuseシリーズのジンバルとカメラにシームレスに一体化、多くのフライト・アプリケーションに迅速にアクセスできます。
Ground StationとDJI Assistant 2に互換性があり、さまざまな産業用途にさらなる可能性を提供します。
素早く簡単なソフトウェアソリューションを必要とする航空機モデル愛好家やプロフェッショナルユーザーとって、DJIのOnboard SDKとMobile SDKが搭載されたN3は理想的なフライトコントローラーです。

n3-2

冗長性があるデュアルIMUと内蔵型BLACK BOX

N3の堅牢なフライトコントロール・アルゴリズムがフライトコントロールと安全性を常に維持しながら、IMUの不具合を検知するとバックアップユニットに自動で切り替えを行います。これがデュアルIMUの 冗長性です。
N3の卓越した制振性能システムは、レース用の軽量な消費者向けドローンからS1000+のような重量のある産業用ドローンまで、さまざまな飛行プラットフォームに対応し、より優れたフライトパフォーマンスと信頼性を提供します。内蔵型8GB Industry Black Boxが機体の詳細情報をすべて記録するため、リアルタイムでフライトデータをモニタリングし、機体を微調整できます。DJIのAssistant 2 データビューワーで、トラブルシュートとフライトパフォーマンスの分析がこれまでにないほど簡単になりました。

拡張可能なナビゲーション・モジュール

デュアルIMU 冗長性システムは、A3のアップグレードキットでアップグレードできます。
アップグレードすると、IMU とGNSSの冗長フレームが生成され、安定性と信頼性が総体的に強化されます。外付けのGNSSやIMUユニットの不具合を検知すると、内蔵型ユニットにシームレスに切り替え、高いパフォーマンスと安全性を一貫して確保します。
n3-3

操作性

s1
スポーツモード
N3は、スポーツモードで最大45°傾けて、飛ばすことができるため、高速で飛行する究極のスリルを体験できます。
s2
調整可能な可動性
機体の操作性はスポーツモードで最大化し、GPSと機体姿勢モードも手動で調整可能です。最大角度や上昇・下降速度、角速度等のパラメーターは、DJIのAssistant 2経由で簡単に調整できます。
s3
EXP
送信機のスティックの感度は、EXP Curveを使って簡単に調整できます。

不具合に強いコントロール
h1
高精度な不具合に強いコントロール
N3の堅牢なコントロールアルゴリズムにより、手動調整不要でさまざまな機体に対応します。ヘキサコプターやオクトコプターの推進システムに不具合が生じたとしても、不具合に強いシステムが機体の姿勢を安定させ、安全着陸を実現します。
h2
推進力の保護
推進力 レベルはリアルタイムでモニタリングされるので、ホバリング、最大高度、最大ヨー角度率が適切に調整され、推進力とパワーが一定に保たれます。
h3
取り付けの点検
さらに、N3はモーターやその他物理的な属性が正しく取り付けられているかどうか、自動で点検します。

アップグレードされた姿勢安定化アルゴリズム
a1
最適化された姿勢安定化アルゴリズム
より優れた高度コントロールと、IMU融合アルゴリズムが、空撮のパフォーマンスを強化します。素早いブレーキング、飛行ルートの変更時や、風向きの急変時にも、IMU融合アルゴリズムが気流の影響を低減させ、高度落下を防ぎます。
a2
磁気妨害の軽減
N3のIMU融合アルゴリズムの磁気妨害に対する性能が強化され、磁気ドリフトのリスクが軽減されました。

n3-4
ソフトウェアサポート
N3は、DJI GOとDJI Assistant 2と互換性があるので、
ビデオのプレビュー、バッテリーステータス、冗長性ステータス、信号強度等をライブで確認できます。
DJIの Zenmuse X5とX5Rカメラを使用すれば、シャッタースピード、ISO、絞り、フォーカスもコントロールできます。

商品コード 商品名 販売価格(税別)
DJI-N3-K1 N3 41,700 円 

お買い求めはドローンステーションまたは当社実店舗 ホビーステーション まで

業販に関するお問い合わせは
info@polaris-export.com